キャッシングと利率は切っても切れない関係にあります。損をすることなく上手にキャッシングを利用するためには利率にも目を向けて正しく吟味する必要があります。

近年、インターネットの広告やTVコマーシャル等でキャッシング、カードローン、消費者金融に関する広告を目にしない日はありません。

借金と言えば、一昔前はサラ金と呼ばれていたところから借り入れることがよくある話で、かつてはあまり望ましくない印象が強く、地獄の一丁目のような雰囲気でした。

そのせいもあって、以前はサラ金を利用した借金はごく一部の人しか縁がないものでしたが、ここ数年の業界のイメージアップ戦略が実を結び、多くの人がキャッシングを利用するようになってきました。今では、成人の10%はいずれかの形でキャッシングを利用したことがあると言われています。

そして、キャッシング会社も新たな顧客を得るために様々な貸付スタイルを編み出してサービスを提供しています。いわゆる消費者金融をはじめとして、銀行、信販会社なども続々と新しいキャッシング方法を提案しています。

豊かな生活をおくるには、時にはキャッシングを用いてやりくりして行くことも必要になります。その為には、金利の低いキャッシングを上手に活用したいものです。キャッシングに対する先入観はきっぱりと捨て、利率や限度額を正しく把握してから正しく利用する姿勢が大切です。

利率0%のキャッシングを検討してみる

期間が限定されますが、利率0%で使えるキャッシングがあります。利率0%のキャッシングは、無利息キャッシングとも言い、今最も注目を集めています。近年、大々的に宣伝されている30日間無利息キャッシングとか1週間無利息キャッシングなどと呼ばれているサービスです。

一般的にキャッシングを利用すると利子が付きますが、この無利息キャッシングは期間内であれば利子が付きません。

例えば、10万円の借り入れを30日間の無利息キャッシングで利用した場合、30日以内に10万円を全額返済できれば利息は0円となります。逆に、借り入れ期間が31日を越えて返済した場合には、期間範囲外からの利子が付くことになります。

利率0%に設定されている無利息キャッシングでも、それぞれの会社で細かい条件は異なっています。最も多く設定されている条件としては、無利息期間の適用が最初の1回目だけで、2回目以降の利用には利率が付くように設定されているということです。その他には、一度完済した翌月からは再度無利息で利用できるキャッシングサービスもあります。

利率を考えて上手にキャッシングを利用する

借り入れする金額が高くなく利用する期間が短いなら無利息キャッシングは十分使う価値はあります。
特に、急にお金を必要とする予定が入ってしまったという時や、給料日前で金欠の状態に陥った場合など、一時的にお金を必要としているという局面では無利息キャッシングは大いに役立ちます。

長期で利用する場合、或いは、大口融資として利用する場合には、利率が低いキャッシングを使うようにすることをおすすめします。この場合に利用する利率は、出来れば一桁台の利率で利用したいものです。そしてその中でも出来るだけ低い利率のものを探してから利用するように心がけましょう。

この頃は、キャッシング会社が期間限定キャンペーンなどの利率の競争を盛んに行っていますので、少しでも好条件のところを探して見るのもいいでしょう。

キャッシングは使い方やタイミングによって、銀行口座の手数料より好条件で利用できることもありますからお財布の中に一枚キャッシングカードを用意しておくと安心ですね。