無職になってしまったからといってキャッシングを諦めたりしていませんか。

景気の底が見えない昨今、頑張って経営してきた会社が破綻したり、長く勤めてきた会社から解雇されたために無職になったけどキャッシングの必要性があるという人も少なからずいるはずです。

新たに仕事を探すにしても、まずはきちんとした住所が無くて就職活動が出来ませんし、就職の面接に行く場合などは、身形を整えるためにスーツの着用も必要になってきます。その他にも、カバンや靴、或いは小物類なども揃える必要があるかと思います。

このように何かをするためにはある程度の資金が必要になってきて、場合によってはキャッシングに頼らざるを得ません。

実際の所、無職でもキャッシングは出来るのでしょうか。

通常、消費者金融や銀行系のキャッシングは、定職があるという事を前提に貸し付けが行われます。つまり、無職の状態ではキャッシングの審査に通らないということになってしまいます。金融会社からしてみれば、返済能力が無い、或いは返済能力が疑わしい相手に融資するのはリスクが高い行為だからです。

ですが、定職に就いてなくても、パートやアルバイトでも融資を受けることができるキャッシングが存在していることをご存知でしょうか。やり方次第では、無職の方でもキャッシングでお金を借りることが出来るようになるのです。

無職で収入がない時にキャッシングの審査に通る方法を考える

キャッシングを利用したいけれど、無職で収入がまったくないという時にキャッシングの審査に通るにはどうすればいいのでしょうか。

この問題を解決するためには、期間限定でも構わないのでパートやアルバイトなどの仕事に就くことが順当な手法であると言えます。

ご存知の通り、キャッシングの利用には審査があります。審査の内容は金融会社で様々ですが、在籍確認は仕事に就いているかどうかのチェックだけをしているところが多く、アルバイトの時間数までは確認しない事が多いようです。

また、派遣会社に登録することで無職の状態を無くしてしまうという方法もあります。

無職の状態のままでキャッシングの審査の在籍証明をクリアするには秘書センターを使うという手段があります。この方法は、虚偽にあたることなのでやってはならない手法であることを予め付け加えておきます。

キャッシング会社は在籍の確認をするときに「この人はそちらの会社で働いていますか」と電話で確認します。そのため、秘書センターが電話を受けて、「○○は、今、外出中です。」と、受け答えればいいわけなのです。

ですが、前述したように本来ならばこの方法は決して採るべき手法ではありません。そもそも、ネットに紹介されている秘書センターなどを使った場合は、すぐに無職とばれてしまうこともあるようですから、絶対に真似しないようにしてください。

甘いキャッチコピーで誘う闇金に注意

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、「キャッシング 無職」の複合キーワードで検索をすると、闇金サイトに行き着いてしまうことがあります。

闇金サイトは、無職OK、ブラックOKなどといった普通にキャッシングを利用出来ない人に対して甘い言葉で誘惑してお金を借りさせます。

無職でキャッシングを探している人の多くは、本当に切羽詰っている場合が多く、お金を借りることに必死になっている状態で「○○でも借りられます」という文言を見ると、ついそのサイトを覗いてしまいがちです。

闇金の怖さは、高利だけに限ったことではありません。経営の裏には怖い人達が関わっていることも多いようです。取り立ての厳しさはもちろんのこと、滞納や貸し倒れを認めない厳しさもあると言われています。

また、弁護士に頼んで自己破産や任意整理で借金を整理しようにも、闇金相手ではそれらの手続きがまかり通らない場合もあったりするようです。

このような面倒なことにならないためにも、無職だからといって闇金に手を出したりすることのないように十分に注意してください。