カードキャッシングのカードとは、ローンカードやクレジットカードなどの借り入れや返済のときに使用するカードを使ったキャッシングのことです。カードキャッシングを取り扱う金融機関は、銀行、銀行系、信販系、消費者金融系などの会社があります。

カードの年会費や発行に掛かる費用は基本的に必要ありません。カードキャッシングを使って融資うける時はATMなどからお金を引き出す形を取ります。また、窓口を介してのお金の受け渡しも出来ますので、窓口で借り入れや返済をするというかたも少なくありません。

現在、キャッシングカードを使っている方、或いはキャッシングカードを持っている方は相当な人数がいます。

よく混同されやすいのですが、銀行の融資とキャッシングの融資では性質の異なるものです。カードキャッシングは、担保や保証人を必要としていなく、個人の信用を担保とした形で小口の融資が行われます。

利息は日割りで算出され、借り入れてから返済までの期間が短ければ利息も少なくて済むという合理的な仕組みになっているのがカードキャッシングの特徴です。

カードキャッシングを使うときの注意点

カードキャッシングを取り扱う会社はたくさんありますので、キャッシング比較サイトなどで見比べているうちに迷ってしまう人も少なくはありませんが、あまりにも条件が良すぎる商品は警戒するようにしてください。

すべてのキャッシング比較サイトが良い商品だけを紹介している訳ではなく、悪徳金融に近い商品を紹介している場合もあるからです。会社の連絡先を携帯電話の番号にしていたり、返済時の振込先がどう見ても会社名ではないという時には明らかに問題があるかもしれません。

複数のキャッシングカードを持っている人は、できるだけ整理して最低限の枚数だけを持つようにしましょう。

そして、カード一枚一枚について借り入れ状況や月々の返済額をきちんと覚えておき、明細票は失くさないように気をつけてください。しばらく保管しておくと状況の把握が楽になり、カード会社から明細書が送られた時に明細票と照合すれば、現状がどうなっているか間違いなく認識することが簡単にできます。