銀行のキャッシングは、主に銀行が発行しているカードローンを利用する形がとられているのが一般的です。

メガバンクで言えば「みずほ銀行カードローン」や「三菱東京UFJ銀行カードローン」などが有名で、ネットバンクなら「楽天銀行スーパーローン」などが有名なカードローンになります。

銀行キャッシングとはその名前が示す通り銀行が提供するキャッシングのことで、銀行が個人に対して行う少額融資のことを指しているといえます。

長所としては、金利が低く利用できる限度額にゆとりがるなどの好条件で融資を受けることができるという点です。普段から利用している銀行ATMやCDから金銭の引き出しや返済が簡単に利用できる点も銀行キャッシングの強みといえるでしょう。

ただし、銀行のキャッシングを利用する場合の注意点としては、融資枠や金利の見直しがほとんどされないことや、審査に時間がかかる点や審査基準が厳しいことなどが挙げられます。

銀行のカードローンは、今すぐに現金が手に入らなくても、まとまった金額を低金利で借り入れしたいという方に向いているキャッシングサービスです。人によっては、銀行の融資であれば信頼できるからという理由で銀行キャッシングを利用しているようです。