キャッシングサービスとはどのようなサービスなのでしょうか。

キャッシングサービスとは、クレジットカード会社や信販会社などがユーザー会員に対して行う小口で短期間の融資を行うことで、カードを使って銀行窓口やキャッシュディスペンサーで予め決められた限度内の金額を、現金で無担保、無保証で貸し出すサービスの事をいいます。

また、キャッシングサービスという言葉自体は、日本の銀行などやクレジットカード業界が造りだした造語で、正しくはキャッシュアドバンスと言うそうです。

キャッシング会社には大きく分けると4つの企業系統があり、キャッシングサービスにもそれぞれ特徴があります。

4つの企業系統は、信販会社系列の信販系、ネット専門のIT企業系、大手銀行グループ会社の銀行系、最も手軽で便利なキャッシングサービスの消費者金融系などがあります。

キャッシングサービスを利用するときは、どの利用者を問わず、キャッシングの審査が行われます。

審査の申し込み時に必要になる書類は、基本的には運転免許証や保険証などの身分証明書が必要になります。場合によっては収入証明書も必要です。融資希望額が50万円を超える場合には収入証明書はほぼ確実に必要となります。

審査の内容はキャッシング会社によって多少異なりますし、申し込みそのものを断られる時もあるかもしれません。

キャッシングサービスの審査で必要となる個人情報は、一般的に、職業・年収・利用歴・持家の有無などです。ローンの利用歴、現在の借入状況や過去の返済状況などもチェックされ、年収は最大限度額に関係してきます。

無担保で保証人不要のキャッシングサービスなので、本人の信用が一番大事なポイントとして審査されることを覚えておいてください。