キャッシングでお金を借りてから、返済する時に借りたお金に加算するのが利息と呼ばれるものです。

利用するキャッシングの会社によって、利息が付く割合は異なってきます。

日本では出資法があるため年20.0パーセント(旧上限金利は年29.2パーセント)を越えてはいけないことになっています。キャッシングを利用する側からすると、利息が少ないキャッシング会社ほど魅力的です。

キャッシングでお金を借りるときに決めるのは、限度額や返済方法に限らず、低金利で融資してくれるキャッシングを探すことが利息節約にとって重要です。

系列によって変わる利息

キャッシング会社の系列によって、キャッシングの利息は決まることになるパターンが多いようです。

金利が低い傾向があるのは銀行系のキャッシングですが、審査に時間が掛かり、審査基準が厳しいようです。金利としては一桁台が大半を占めており、少ない利息でキャッシングすることができるでしょう。

比較的金利が高めなのが、クレジットカードや信販系のキャッシングの利息です。消費者金融系のキャッシングも金利が高めになりがちです。

逆に、金利が高いキャッシングは審査が緩いところが多いといえます。

借りやすい高金利のキャッシングか、借りにくい低金利のキャッシングか、どちらがより望ましいかは使う側の状況によって大きく異なりますので、十分に検討してから利用するようにしましょう。